スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対バイオロン法

kabunoisyotuuの、インパクトが懐かしい「機動刑事ジバン」の
第30話「美少年小太郎一座の怪人」から、
カブキノイドのイラストを、アタック・オブ・ザ・さつじんうさぎのきてれつ海月様から頂戴致しました。
花魁のような女性化アレンジが素敵でございます。
どうも有難うございます~








放送当時この対バイオロン法の設定は、私も含めて特撮ファンの間で物議を醸し出していた記憶がございます。
当初は2条までだったバイオロン法。

第一条 機動刑事ジバンは、いかなる場合でも令状なしに犯人を逮捕することができる

第二条 機動刑事ジバンは、相手がバイオロンと認めた場合、自らの判断で犯人を処罰することができる

第二条補足 場合によっては抹殺することも許されている!

「ほぼ抹殺じゃないですかっ」

などと突っ込んでいたのも、遠い昔なり…ですね。


その後も幾つか追加されていった対バイオロン法ですが、後付っぽい感じは否めない感じで、やはり最初の2条が強烈だったなと未だに思いますです。

しかし、そうは言うもののヒーロー物としての要所要所を抑えたお話は決して悪いものではなく、ヒーロー敗北から再生までを描いた34話「壮絶! ジバン死す」と35話の「パーフェクトジバンだ!」への流れは熱いものがありました。

このブログ的には女性悪役キャラ恵まれていたことも大きいですね。
敵ボス、ドクターギバの秘書的存在マーシャ&カーシャ
ジバンの宿敵、マッドガルボ
第三勢力、クイーンコスモ

マッドガルボはお話の中で一度きりの善堕ちをしてしまったのが興味深いところでした。
人間体も出てきましたし・・・罠だったのが残念です。

・・・と思いだしてみますと即興で描いてみたくなりましたので、マーシャ&カーシャ(変身前)で一枚。

M&K

コメントの投稿

非公開コメント

更新お疲れ様ですー。
ジバンはほとんど記憶がないというか見てなかった気がします。
なので、このカブキノイドのイラストはどんなキャラだったか記憶がないだけにインパクトありますねー。
とても素敵です。
きてれつ海月様、お疲れ様でしたー。

このたびは私のつたないイラストなぞ乗せていただき、ありがとうございます。いやー、やはりレベルがはるかエベレストのごとく高いG-than様のイラストがどどんと構えているブログに載せられますと、やはり照れますね。
 しかも、おっしゃるとおり、女含有率が高いジバンの中で、「女体化」・・・。しかも、誰も覚えてる方がいない? カブキノイドを送りつけてしまうとは。
 しかし、マッドガルボ様、女声なのにあのスタイルは・・・。子供心に反則と思いましたね。
 見事に期待を裏切られた私は、自分できちんと「セクシー女幹部化」して、溜飲を下げました。
 しかし、G-than様のマーシャ・カーシャ様を見てると、自分のレベルが小学生の落書きで、赤面いたしますね。
 しかし、どうしてここまであのマーシャ・カーシャの色っぽさが出せるんでしょうか! 切れ長の目といい、質素だけどそこが逆に色気をむんむんさせる二人の魅力が炸裂しておりますね。
 この二人に関しては、戦闘体もかなり色っぽくって大好きでした。ぜひともG-than様のリメイクを見てみたいですね。

舞方雅人 様
おおっ、私の落書きレベルの絵にコメント、ありがとうございます。
 しかし、やはりカブキノイド覚えられていない(涙)
いや、ジバン自体かなりマイナーなのに、やはりマーシャ・カーシャを出しておけばよかったかな? 
 しかし、バイオノイドの魅力は、その奇想天外なモチーフ選びだと思います。
 たとえば、今回のカブキもそうだし、ドロからカネ、ツリガネ、果ては放送コードがかかりそうなジサツまで! どうやってデザインするんじゃい!
 しかし、それが毎回リアルな形で出てくるバイオノイド、いとしくてしょうがないです。 
 だけど、ジバン自体、G-than様がおっしゃるとおり、マッドガルボの善堕ち、第三勢力の登場、そして、子どもにトラウマを与えたジバンの死亡ですね。
 いや、主人公があそこまで容赦なくやられて死ぬなんて・・・。来週どうなるのか、ただ不安でしたね。
 しかし、一番の見所は、ようしゃないジバンのやられっぷりかな? いや、酸性雨で攻撃するバイオノイドなんて、見たこと無いよ!
 それでは、舞方雅人様もG-than様も、ありがとうございます。
 夜がえらく寒いですが、どうぞ、お体ご自愛ください。

舞方 様>宇宙刑事シリーズ以降続いてきたバトル系メタルヒーローも、
この年を最後に、次の年から「レスキューポリスシリーズ」へと変遷を遂げることになりましたね。
その作品の主題歌がギャバンと同じ串田アキラさんというのは何とも言えないものがございます。
くらげ 様>いえいえ、十分可愛いキャラだと思いますよ。
こういう姿が描きたいっていうビジュアルが全面に出てるのがGJかと。
プロフィール

g-than

Author:g-than

いらっしゃいませ

当ブログはリンクフリーです。

バナー画像はリンク用に使用して下さって結構です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。