スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド・オブ・ザ・シーカー

mordsith02お久しぶりの更新は、たまたま見つけてしまった海外ドラマからのネタです。

スカパーの海外ドラマチャンネル「ユニバーサルチャンネル」で放送中の「レジェンド・オブ・ザ・シーカー」と言う作品をご紹介します。

原作はテリー・グッドカインドの「真実の剣」シリーズだそうで、日本ではハヤカワから発売されている小説なのですね。

簡単にお話を説明いたしますと、シーカー(探求者)となる宿命を背負った主人公リチャードがコンフェッサー(聴罪師)のおねーさんカーラン&一級魔道師のゼッドとともに悪の親玉ダークン・ラールに立ち向かうと言う、「いい感じのヒロイックファンタジーですなあ」という感じの作品です。
作品のクオリティは高く、ふんだんに使われる特殊効果や贅沢な世界観の表現は、映画を毎回見てるような気分になってしまいます。
…と、詳しくはググル先生などでお調べいただくとしまして(笑)

今回のネタは、そんな悪の親玉ダークン・ラールの部下"モルド・シス"のデナ様です。

第8話「試練」にて、リチャードを調教する使命を受けた彼女。
魔法が効かないばかりか、それを逆手にとってしまうデナに捕らえられたリチャードは鎖で吊るされ、彼女の調教を受けることに。

彼女が持つアジールと言う謎の棒は必死で抵抗すればするほど逆にリチャードに痛みをもたらしてしまう。
このアジールの面白いところは痛みを受けるのは調教相手だけではなく、それを使うモルド・シス自身にも及ぶというところ。
彼女らは訓練によりその痛みをコントロールできるので、痛いけど問題なし?と言う感じでしょうか。

そのモルド・シスですが、彼女らは元々捕らわれた少女たちが訓練を受け、選ばれたものがなれるのだと言うことです。

囚われの身となったリチャードは獄中で、モルド・シスに娘を奪われたベネディクトと言う男に出会います。

「奴らは幼い少女をさらい、虐待して思いやりの心を完全に奪い去ってしまう」

「そして拷問に使うための邪悪な魔法を教え、ラールに仕えさせるんだ」

「娘は最期の試験として私を殺す 忠誠の証として」

この告白だけでも悪堕ち的な期待をしてしまうのですが、惜しむらくはそういった描写が見られなかったところ。

しかし、このベネディクト、ここで数ヶ月すごすうちに「娘が選ばれたことは名誉なこと」と思うように(調教?)されてしまったようで、リチャードはまんまとはめられてしまいます。

いや、これはこれでアリかも(笑)


そして激しい調教によってリチャードはついにその命が絶たれてしまうところとなるのですが…

モルド・シスの能力として死者の口に吐息を吹きかけることで(何か注ぎ込んでるような)その命を蘇らせることができるのです。

これにより「殺したければ殺せ」という手段が取れなくなると言う、なんとも恐ろしい能力。
しかも注ぎ込まれた”彼女の一部”が残ることで、さらに洗脳が進みやすくなるみたい。

彼が勝機を得るきっかけとなったのは、モルド・シスが持つ「痛みのコントロール」によりデナを倒すことに成功する。

が、死んだかと思われたデナは同じモルド・シスであるコンスタンスから注ぎ込まれる”彼女の一部”で蘇り…

と言うラストでございます。

この後のお話でも登場するかと思われるモルド・シスのお姉さん方ですが、能力やら設定がとにかく良いですね。

衣装もレザーやらベルトがグルグルのボンデージですし。

久しぶりに「これは!」と思いましたです。


最後にリンクのご報告を。

somethread29様のブログ悪の女怪人・女幹部に色仕掛けされたい妄想とリンクさせていただきました。
読んで字のごとく、タイトルからそそりますですね~

コメントの投稿

非公開コメント

DVD出たら観なきゃ~と思いますね(*^^*)ノ
一度きりのキャラではなく
再登場しそうなところが素敵すぎます
今後は彼女らの調教(堕ち)過程の描写にも期待
そしてg-than様のイラストも
クールな悪のお姉様という感じで素敵!

私も見てみたいですねー。
イラストの皮の全身スーツがとても素敵です。
悪堕ち要素も満載のようですので、気になりますねー。

本日,視聴しました。今回,視たのは第15&16話でしたが,15話ではカーランの秘めた力“血の憤怒”の発動が,16話ではデナ復活とリチャードの家族の秘密が描かれていました。いやぁ,良い番組を紹介していただき,ありがとうございました。

芹沢 様>実際のコスは調べれば調べるほど、細部まで行き届いた出来なので、とても描けませぬorz
舞方 様>「mord sith」で画像検索しますと、いい感じに画像が検索できますです。さすがにTVだけでは細部まで良く分からないですねえ…
悪堕ちキッド 様>“血の憤怒”カーランの目が赤くなる暴走モードですね~
キッドさんに朗報です。11/2に1話から再放送が始まりますので、今からなら間に合いますよ~

全22話しかも未完
ぶっ通しで見て丸1日
予告編みるだけでも脱落しそうです
だって
男の方が出てくるの多いんだもん
「電撃フリント アタック作戦」あたりじゃ
ダメですか?
しょうがないんで
本屋に出かけて
挿絵を頼りに
それらしい所を拾い読み
しかし、ラヴクラフトにしても
アメリカ人の名前というのは
観念的なんだか、具体的なんだか
おぼえやすいけど
女の持つ、長くもなく細くもない棒
沼正三の「家畜人ヤプー」にも
同じような物が如意鞭、別名××として出てくる
洋の東西を問わず、そういうことなのでしょう

ラパチーニ 様>第二シーズンで打ち切りなのが勿体無いですね~
女性率からしますとそちらの方が多いでしょうか・・・=「電撃フリント アタック作戦」
プロフィール

g-than

Author:g-than

いらっしゃいませ

当ブログはリンクフリーです。

バナー画像はリンク用に使用して下さって結構です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。