スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリジゴク女

b04c2cc4.jpgちょっとシルエットだけ思いつきましたので
できるかな~と思い、描いてみました。
作戦的にはアリジゴクならぬ、とあるビルの地階よりも更に深い深い地下クラブに人間達をおびき寄せて堕落させてしまうとか、そういう感じがいいなあと思います。

一度入ったら帰りたくなくなる癒し系クラブとか(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

昔、ウルトラマンAでアリジゴクの怪獣が
地下鉄ごと人間を引き込むって話があったのを思い出しました。
ここはやはり女性らしく妖艶に
夜道を急ぐ女性を引き込んで、自分の下僕に変えてしまう……。
S.S.B.としては欠かせない作品ですね。
しかしながら、造形美が綺麗なので土に汚れるのはもったいない気もしますです。(^_^;)

シルエットが美しいですが
この造形を立体で見たら意外とグロ……
グロ美しいかもです(^^;

これでいながら癒し系クラブにご招待というのが笑えました。
S・S・Bならやりそうですね。
いつもながら素敵な女性怪人です。
いいもの見せていただきましたー。

シルエットとは思えないくらいの迫力がありますね。
癒しクラブって、何か想像つかないんですけど、S.S.B.の戦闘員へ改造するために恐怖心をとって癒すんでしょうか。
唐突に改造される前の名前を思いついてしまったんですけど、蟻田地弧さんとかどうでしょうか。職業はやっぱりホステスでしょうかね。なんかの勧誘業とかもいいかも。

綺麗な怪人ですね。
土に汚すのが勿体無い気持ちが分かりますから、コンクリート限定で蟻地獄を作るとか考えました(笑)
コンクリートは、粒子が細かいのでどうなるかは分かりませんが……
この怪人の成長体となるであろう、ウスバカゲロウの怪人も見てみたいです。

「どうしたの?何か悩みでもあるのかしら?」
「ふふふ、じゃあ、悩みを聞いてあげるから、飲みに行きましょうか?私がおごってあげるから・・・」
後輩思いで社内では人気の高いOLだが実は・・・
会社の憧れの先輩から誘われ地下深くにあるクラブに行くが・・・
その後、誘われたOLの姿を見た者は一人もいない、
と言うか、その彼女自身の存在すら記憶から消されて・・・
今日もまた、悩みを持ったOLが地下クラブに・・・
クラブの別室では、戦闘員に生まれ変わる為に改造される大勢のOL達の姿が・・・
アリ地獄女が戦闘に入ると、あらゆる物を砂に変えアリ地獄を作ってしまうとか、でも、実は潔癖症とか?(造形美が美しいので汚すのが勿体無いので、これもアリ?かと・・・スミマセン・・・)

どうも、ご無沙汰しております。
うぉぉ。何か今回は、アーマー系になっておりますね。
いつもは、たとえ牛モチィーフの怪人でさえ、あんなにスマートにグラマラスにまとめておりますのに・・・。
 このようにごつい、しかし、555のオルフェノク系のデザインも、なかなかいいもんですね。
 
しかし、「一度入ったら帰りたくなくなる癒し系クラブ」ですか・・・。
確かに、恐怖を与える怪人
実はここがそうじゃないですか、という疑いをもってるんですが・・・。(笑) 
やっぱり、女怪人って言うのは、それだけで甘美なわなであり、あり地獄ですよ。
 それでは、この辺で失礼いたします。
 そろそろ、ましろの新しい話も出来上がりますんで、どうぞよろしくお願いいたします。

スイマセン、書いてる途中で送信してしまいました。
「確かに、恐怖を与える怪人」ってとこですが、「確かに、恐怖を与える怪人が癒しを与えるって矛盾したことをするのは、インパクトありますね。」と続くはずでした! すいません。
 ただ、現実でも、某歌○伎町など、癒しを与えて後から金銭的な恐怖を与える、ってところもよくありますよね。
 そんな恐怖までさりげなく連想させるG-than様って、深いですな。(笑)

一人のびじんOLが、仕事の帰りに歩いていると、彼女の足元が急に真っ黒くなり、いきなり穴が開き、その穴の中に悲鳴をあげながら引きずり込まれて行く、そして彼女が気がつくと、カプセルの中に閉じ込められてしまう。
助けを呼ぼうと、カプセルの中から叩いていると、彼女の目の前に、白い身体の女怪人『アリジゴク女』が現れ、その彼女に何か命令を下す。
それは…「これから改造手術を受け女戦闘員になって貰う。」
そして、彼女が入っているカプセルが光だし、手術が開始され。 彼女は、自分の胸を押さえながら、苦しみだした。 自分の人間としての最後の記憶がアリジゴク女の苦笑いする顔だった…。
数時間後…。
アリジゴク女の新な女戦闘員が誕生した。
長く書いてしまいましたが、いかがでしょうか。

今度はごつく角ばった(というか刺々しい?)怪人ですね。やはり地中からの奇襲攻撃が得意なのでしょうか。怖さを感じさせるフォームですね。ナイスです。
しかしモノホンのカゲロウはすぐに儚く散ってしまうほど短命ですが、彼女もそうなのかな?成長しない方が明らかに強く用途も広そうなので、おそらくこのままなのでしょうね。そんな成虫時の必殺技は、幼虫時に溜めに溜めまくった・・・・アカン、下ネタやん(爆)
そういえば蟻地獄といえば、妙な名前だと認識していますね~、幼虫時の名前は一部とはいえ、まるで地名のような名前で不思議な感じがします。

良いですね。
アリジゴク系の怪人や怪獣(アントラー、地獄サンダー?、アリジゴク怪人(カゲスター))で変身するのはあまり覚えがありませんが、ウスバカゲロウになるはずですので、2段変身の設定もおいしいかなとw

T-Fly 様>アリブンタだったでしょうか?
記憶に自信がないですが…
芹沢 様>固そうで柔らかそうな殻っぽくなるよう
気にして見ました~
舞方 様 正体を明かすのは最後ですので、がらっと雰囲気が変わればいいかなと
これもギャップの一つでございます~
metchy 様>日々の生活の中で疲弊した精神をリフレッシュすることが如何に難しいか。そんな悩める人間たちの弱さを突いた作戦だったりします。
妄想を書き連ねると長くなりそうですので、文章で起こす機会があれば書いてみたい
なとも思ったりします。
神代☆焔 様。アリジゴク女がコンクリートの地面にに両手を当てると
そこは液状化現象を起こし、彼女の意思のままに形を変える。
蟻地獄ならぬコンクリートの地下建造物っぽく仕上げたりします。
たか 様>なるほど~定番っぽくて萌えますねえ。
私が考えると捻くれた方向に向いてしまいそう…
きてれつ海月 様>全身グレーに塗ってしまうと、確かにオルフェになってしまいそうな気が…
海月さんの新作も楽しみです。
ショッカーゆう 様>「彼女の足元が急に真っ黒くなり、いきなり穴が開き、その穴の中に悲鳴をあげながら引きずり込まれて行く、」冒頭の犠牲者シーンにありそうですね。
そのシーンだけでもいけそうです。
卍 様>ウスバカゲロウ女になっても、イナズマンよろしく一旦変身を解けば。再変身後はもう一度アリジゴク女です(笑)
あ、イナズマンの場合はサナギだったか~
あむぁい 様>地獄サンダーはちょっと頭の片隅においてました。
次の段階、女性怪人ならぜひとも欲しいですよね。

そうですね。
液状化した地面が盛り上がって、戦闘員が出現するパターンも良いかも知れませんね。
頭部のハサミを振動させて誘導音波を出し、彼女の音波に共鳴した女性のみが地下に集められ、彼女が変態したウスバカゲロウの全身から洗脳光を発して、より強力な洗脳を施してしまうとか、ウスバカゲロウの形態は飛行能力を持つが、数分でエネルギーを使い果たして、アリジゴクに退化してしまうとか、色々妄想してしまいますね(笑)
プロフィール

g-than

Author:g-than

いらっしゃいませ

当ブログはリンクフリーです。

バナー画像はリンク用に使用して下さって結構です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。