スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマダラカ女(前編)

KA_ss01「先生サヨーナラー」
「先生サヨーナラ」
幼い子供たちが帰っていく。
「はい、さようなら。みんな車に気をつけるのよ」
駆け出していく子供たちを見送りながら、保育園の
保母である安和木美奈子は大きく手を振った。
その様子を物陰から窺っている怪しい気配にも気が付かずに・・・













「ふう、遅くなっちゃったわ」
すでにとっぷりと暮れた暗がりの道を美奈子は家路を急ぐ。
そのとき、その暗がりの中から奇妙な人影が二人現れた。
「安和木美奈子ね?」
「私たちと一緒に来てもらうわ」
そう言って近付いてきたのはこの場に似つかわしくない格好をした女だった。
黒いレオタードと網タイツを身に着け、腰には赤いサッシュを巻いた
黒ずくめの女たち。
何より異質なのはその顔に施したメイクであった。
赤と青に塗り分けられた奇妙なメイク。
それが彼女たちをとても異様に思わせた。
「な、なんですか? あなたたちは?」
美奈子は驚いてあとずさる。
だが、女たちは構わずに近付いてきて美奈子の腕を取り上げた。
「いやっ! 何をするのっ!」
美奈子はつかまれた両手を振りほどこうとするが、彼女たちの力は異常に強く振りほどくことができない。
大声を上げて助けを呼ぼうとした美奈子だったが、なにやら麻酔薬のようなものを嗅がされて意識を失ってしまった。

ここはどこ?・・・
私はいったい?・・・
美奈子が気が付くと、そこはひんやりとした薄暗い場所だった。
「な、何? これ?」
起き上がろうとした美奈子は自分の両手両脚が固定されていることに気が付いた。
首を動かして見ると彼女は円形の台のようなものに載せられ、大の字に固定されているのだった。
その上驚いたことに衣服は全て取り去られ、柔らかい女性の躰を余すところ無くさらけ出していたのだ。
「い、いやぁ! な、なんなのよ、これっ!」
身をよじって逃れようとするが、手足の拘束は全くはずれない。
そこへ足音がこつこつと響いてくる。
「お目覚めのようね。安和木美奈子さん」
近付いてきたのはワインレッドの衣服に黒い網タイツを穿き、長手袋を嵌めた手にはムチを持っている女性であった。
「あ、あなたは?」
「私はエイミー。このS・S・Bで研究主任を務めているの。これからあなたでその研究の成果を試させてもらうわ」
「研究の・・・成果?」
自由にならない躰をよじり首だけをエイミーと名乗る女性に向ける美奈子。
「そう。私が新たに開発した細胞変化薬と意識改変剤、それに細胞活性光線の組み合わせを試してみるの。これが上手く行けば人体改造を一台でこなせるオールインワンマシーンができるわ」
エイミーはにこやかに近くのテーブルに置いてあった瓶を取り、愛しそうに目の前にかざす。
「そ、そんな・・・く、狂っているわ」
「お黙り! 私は狂ってなどいないわ。それよりもこの私に改造されることを光栄に思いなさい。この私がじきじきに改造してあげるのだから」
エイミーは冷たく言い放つと二種類の液体を注射器に取り、それぞれを身動きできない美奈子に打ち込んでいく。
そして天井から下がっている手術用の無影灯を思わせるカラフルな色合いのライトをかざして美奈子の体に照射した。

KA_ss05

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぺぶしゃ!(バスクの最後の叫び・・・て、誰も知らねーよ)
しかし、そう言いたくなるくらいオイラの胸に突き刺さりましたよ~g_thanさん。 今回は3段構えで嬉しいです、ジョージアの万歩計が当たった気分(持ってるケド)・・・いや~保母さんですかぁ~・・・その~何といいますか~・・・ねぇ?・・・ここはノーコメントで後編を待つことにします。(私のリクエストが入っていたら、お礼をしたいくらいです)
さて最近、操り系の小説を掲載しているサイトの更新がほとんど、というかまったくないので少し萌え足りない日々です(このサイトくらいかな)18日に「ひっぱろ」に久々新作が載りましたが、内容は・・・???といった感じで萌えるかどうかは続き次第かな。それにしても「まにあっくMCわーるど」「魔法の瞳」「裏SHARA」「KAZ23」はどうしたのだろう?KAZ23は表しか行けないし、裏SHARAで掲載予定だった「悪の秘密結社」は楽しみにしてたんだけどなぁ。
g_thanさん!このままお変わりなきようにお願いします。
連射装置付で、ハイパーオリンピックをやったら、えらいことになった卍でした。

No title

g-than様、掲載していただきありがとうございます。
以前にg-than様が描かれていた蚊女に刺激を受けて書かせていただきましたが、自分の作品に挿絵を描いていただけるとは光栄です。
とても素敵な挿絵で、感謝感激です。
ただ、ブログにSSを掲載していただくことには皆様からご批判もあるかもしれませんね。
なんと言ってもここはg-than様のブログなのですから。
その意味でSSに関しては今後は差し控えようと思います。
コメントの常連としてこれからもよろしくお願いいたします。

No title

ハマダラカ女が誕生するまでのストーリーですね。
優しそうな先生なので改造前と改造後のギャップが面白そうですね。
一般人が女戦闘員に捕まえられているシチュエーション
も意外といいなぁ(笑)。

No title

アイヤーッ!あのときの蚊女さんだったんですか?うにゅにゅ、半分残念で続きができて、半分ウレピー(古いよ!)
怒首領蜂しながら続きを待ちます。

No title

さっきハマダラカ女のところを見てきましたがなるほどあの人だ^^
改造されたあとはどうなるのでしょうか?生活面でのことですが
このまま普段は何事もなく先生を続けるのか?組織の先兵として
働くのか?楽しみですなー
そういえばパソゲーとかで悪の組織経営とかはあるのにその組織で怪人とかつくるとき女の子そのものを改造するってヤツはないんですよねー
昔の戦隊モノではどっかの会社員らしきおっさんが拉致されてきて無理矢理改造装置にほりこまれてたりしましたけど^^

No title

卍 様>今回は私もストーリーを楽しませていただいてますよ。
どんな先生がいいかなあとか考えながら・・・。
次はそのまま後編に行きますです、お楽しみに。
舞方 様>そうですね、一部の方のSSを掲載すると言うことに不満を
感じる人がいるかも知れません。今回は私個人として満足なお話でしたので
掲載という形を取らせて頂いたのですが、いずれはSS用の別館を設置した方が
いいのかと考えたりします。
気を遣っていただきましてありがとうございます。
うに 様>私も捕まりたいなあ・・・と言う願望が10/3のブログに現れてたり
します。予想通り、思いっきり優しそうにしたのはギャップを味わうためです。
あぼぼ 様>一般人がさらわれて改造されるお話しは昔結構ありましたねえ。
おっさんはノーサンキューですが(笑)
ゲームにはホントに期待しています。ジャスティスブレイドも2だ出るそうで
新情報が楽しみですね。

No title

なかなか面白いストーリーですね。 美人の保母さんが女戦闘員たちに拉致され、改造手術を施されるシーン、もっと続が読みたいですね。宜しくお願いします。

No title

>>ショッカーゆう様
このショートストーリー(SS)を書きました舞方雅人(まいかたまさと)と申します。
この作品はg-than様のイラストに触発されて書いたものですが、g-than様のご好意でこうして掲載させていただくことができました。
しかも素敵な挿絵も付けていただけました。
拙い作品ですが、楽しんでいただけたのでしたらこれに優る喜びはありません。
g-than様のブログともどもよろしくお願いいたします。

No title

ショッカーゆう 様>ハマダラカ女、お楽しみいただけたようで何よりです。
ハマダラカ女さんの活躍は当ブログの別館にて、複数のSS作家様の
ご好意により現在5話まで掲載されておりますので、是非ご覧くださいませ。
Kiss in the dark 別館
http://www.ssb.sakura.ne.jp/caution.html
メニューの「Stories」から一覧をご覧いただけます。

No title

わかりました。ありがとうございます。

No title

あと、誘拐されるシーンですが、女戦闘員の姿ではなくて、何かに化けていた方が萌えるし、面白いと思いますが、いかがでしょうか? 例えば、婦人警官とか婦人警備員などに女戦闘員が化けて出た方が面白いし、萌えます。宜しくお願いします。m(_ _)m

No title

ショッカーゆう 様>戦闘員が何かに変装して待ち伏せてるシチュは
好きですよ~
また別のお話で使ってみたいところですね。

No title

宜しくお願いします。 婦警さんだけでなく、キャビンアテンダント?バスガイド?イベントコンパニオン?女子高生など…、いろいろ使ってみると面白いと思います。 制服を着た女性たちを、誘拐して改造?洗脳して女戦闘員にする。萌えませんか? 顔には青いアイシャドーを引いて…。そして、『制服を脱いだら女戦闘員だった! 』みたいな、SSがあれば、面白いと思います。宜しくお願いします。m(_ _)m

No title

あの制服を着た女性たちを誘拐して改造手術を施すシーンは、全く興味はありませんか?
プロフィール

g-than

Author:g-than

いらっしゃいませ

当ブログはリンクフリーです。

バナー画像はリンク用に使用して下さって結構です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。