スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあ、なんということでしょう

ef4dab68.jpg少ない手間で大きな効果、になっているでしょうか。

こんな感じも面白いです。
身体を傷つけずに細胞を変質させて常人の1.5倍の力を
持つ肉体に改造完了です。

洗脳も脳の不必要な思考部分へのリンクを遮断してしまうことで彼女の頭の中はS.S.Bの為に働く事が最高の快感を得られるように調整されています。

科学考証はものすごくいいかげんですので、あんまり
突っ込まないで下さいね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

改造が完了したようですね。
組織のために働くことが最高の快楽になるとはすごいです。
もう、組織のためならばなんだってやっちゃいますよーっと言うことですね?
クラゲ女さんとともにエイミーさんに忠誠を誓うシーンも見てみたいですね。

No title

科学的考証って結構重要ですよね。科学的、というか現実的すぎると面白く無くなるし、あまり突拍子もない事だと萎えるし・・・でも、もとからして非現実的な事なのだから萌え優先ということで良いのではないでしょうか(笑)

No title

魔法少女みたいな作品は別として、科学的な事項がある場合(改造とか強化服とか)は、身体などの能力設定を「突拍子過ぎない程度に」するのがいいでしょうね。
ちなみに私の書いてる物の場合、アリコマンドは「一般的な10代後半の女子より体が柔軟で、跳躍力や瞬発力が約2倍増し」ぐらいの脳内設定にしてます。あとは、やや非現実的要素として「第六感が優れている」「超能力?が使える(相手を誘惑して操る、テレポーテーションなど)」が加味されてますが…あとフェチ要素も(^^;

No title

ん~いい表情ですね。私的ポイントは口と釣目+点眼でしょうか。
私は洗脳されている表情の最大のポイントは目だと考えているので、この娘の目は素晴しいと思います(え?ヨイショではないですよ)
私が表情面で思いつくのは、「白目」「点眼」「眼(まなこ)無し」「二重眼」「光目」「猫目」などに、「無表情」「釣目」「虚ろ(据わり)目」「口元ニヤリ」「口から牙(八重歯ではない)」などのオプションが追加されてるヤツですかねぇ(頭に角や、とんがり耳は少し他のも混じってるのでボツ)ささやかな参考にでもなれば幸いです。
科学考証の件ですが、sapo-taさんの言うとおり、近すぎず遠すぎずでいいと思います。あんまり突拍子なことでなければ、ありえないけど現在あるものの発展形でよいのではないでしょうか?(細胞変化はいい例です)
アフターバーナーのスピードについていけない卍でした。

No title

洗脳90パーセント完了ってとこでしょうか?
いいっすねーこういうの^^昔だと催眠状態とか操られてるときの女性は
目の部分にアイシャドウ(紫が多い)がかかってるってのが王道だったのですが
最近はあまりみられないですね。
吸血鬼化とか下僕化したりする場合だと
・肌が灰色とか青がかった色になる
・瞳の色が紅く染まる
というのがおおいっすね。(ファンタジーものは)
エロげーとかで主人公が魔王で自分に挑んでくる剣士や魔術師などをたたきのめして自分の僕にするってやつがありそうでないんすよねー(ほしいのにそういうの)すめらぎの巫女特別編に該当するのがありましたがいまんとこストライクはそれぐらいです。エスクードに新作に期待してるあぼぼでした^^

No title

舞方 様>エイミーさんに誉められるとゾクゾクーっとなるんだと思います。
どんな任務でも嬉々としてやっちゃいそうな感じでしょうか。
違う意味で常に笑顔を絶やさない娘達なんでしょう。
sapo-ta 様>ですよね。萌え優先がいいと思います。あとはそのシチュエーション
に従って設定を肉付けしていくというのが、いつものやり方です。
蟻康 様>ワンポイント特殊能力が加わっているのが、常人との違いを引き立て
ているわけですね。戦闘員だとそこで押さえておいた方がいいと私も思います。
遅れましたが冷蔵庫が復活されて何よりです。
卍 様>挙げられたポイントは正にドンピシャです。トンガリ耳や角もアリといえば
アリですね。忘れていた要素だけに、これも描いてみたいネタになりました。
アフターバーナーは動く筐体に燃えましたよー。
あぼぼ 様>アイシャドウ・肌の色・瞳の色。私もコレにならってます。
ゲームといえば「ロイヤルブラッド」が洗脳して下僕化出来るそうですが、
これも未プレイです。

No title

名前は気にしないでね。・・・円谷さんが亡くなられたのを知らなかったのは僕だけだったようですね。失礼しました。個人的にはシャイダー以上に「若大将天下御免」という時代劇で魚屋のアンちゃん(役名忘れた)の方が好きです。シャイダーのように押さえた演技とは対照的に明るく威勢のいい若者を生き生きと演じていました。
プロフィール

g-than

Author:g-than

いらっしゃいませ

当ブログはリンクフリーです。

バナー画像はリンク用に使用して下さって結構です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。